小林流空手と琉球古武道-幼児から大人まで

空手・古武道

昇空館の空手

 昇空館の空手流派は、沖縄小林首里手です。内地では珍しい流派ではありますが、沖縄では4大流派(首里手、那覇手、泊手、上地流)の一つです。代表的な型として、ナイファンチ、ピンアン、クーサンクー、パッサイ、チントウ等があります。伝統的な型に付け加え、捕り手や護身術などの練習も行います。

伝統的な空手だけでなく、試合形や組手練習も行っています。

kara1.jpg  kara2.jpg     

kara3.jpg 

kara4.jpg

 

昇空館の古武道

古武道は、沖縄伝統古武道保存会文武館の関東支部として練習を行っています。沖縄では、古武道は空手と両輪をなすものとされています。空手だけなく、古武道を行うのも昇空館の特徴の一つです。

棒に始まり、サイ、ヌンチャク、鉄甲、トンファー、ティンペー、鎌、ウェークなど様々な武器を練習していきます。

kobu1.jpg  kobu2.jpg
kobu3.jpg  kobu4.jpg   

本部道場情報

honbu.jpg

[住所]千葉県佐倉市王子台3-15-4
(googlemapはこちら

[電話]043-463-0975

[練習日]
・空手     水曜、金曜、土曜
・古武道  金曜